変な人で有りたいのか?普通の人で有りたいのか?

少し前の話になるが、友人と雑談をしている中で、

僕「あんまり思ってる事や考えている事を、

  そのまま発言すると、変な人って思われるから、

  注意深く話すように、気をつけてるんだよね」

友「え?もう君が変なヤツだって事は、十分バレてるよ?」

僕「え?wwマジ?」

友「うん。ほとんどの周りの人がそう思っていると思う」

僕「・・・・・・・・」

という会話があった。


僕は変なヤツだったようだ。

全く自覚がない訳では無い、むしろ独自性のある人間でいたかった。

しかし「変なやつ」「変人」という定義は、あまりにも言葉の意味が広い。

もう少し「変な人」という定義を明確にしてみようでは無いか。


以前の会社に変なヤツがいた。

協調性が低く、社員との喧嘩が絶えず、無遅刻無欠席の連続。

顧客からは連絡がつかないと会社に電話がある。

しかし魅せ方は上手で、MTGの場面などではきれいな報告をする。

しかし実情は、顧客からも担当替えを申しだされる始末。

挙げ句、会社に来なくなり、退社していった。

果たして彼は、「変な人」だったのだろうか?

僕達が感じた彼は、「変な人」だった。



変という事には、逆の「変では無い」という事がなければ成立しない。

「変では無い」を「普通」と定義してみて「一般的」「大衆」とする。


「一般的だよね」「大衆的だよね」と言われると僕は、嬉しいだろうか?

否。嬉しくない。

「独特の感性を持っているよね」

「君の独自の切り口が面白いよね」

「君だからお願いしたいんだ!君だからできるんだ」

「すごいね!」

と言われたい。



「変な人」と思われるのは嫌。

「一般的」と言われるのは嫌。

変な人とされて弾かれてしまう事は嫌だが、普通の人と思われるのもシャク。


どっちつかずの折衷案を考えると、

「一般的な礼儀やルールは理解しながらも、独自の感性を持っていて、

 オリジナルの提案ができ、一定の信頼と成果を得ている人」

という当たりで手を打ちたくなる。

マインドセット的には、

「人と違ったモノの見方ができるように、日々思考を磨きつつも、

 臨機応変に時と場面に応じた、その場に沿った提案を行う事ができるスキルを磨く」

あたりだろうか。



最近、変なブログを書き始めたのだが、

僕の中の変な人の部分が「もう少し僕も出してよ。それも僕じゃないか。」

と、ささやくので小出しにしている所存である。

変なやつだ!と弾かれたらすぐに引っ込む弱気な僕なので、遠巻きに見守ってほしい。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]