梅原真さんにお会いした。

憧れの梅原真さんにお会いさせて頂いた。

自分の為の備忘録も兼ねて、記したいと思う。

梅原さんを知らない方は、コチラを参照。

僕が梅原さんを知ったのは、

約8年前の「プロフェッショナル 仕事の流儀」だった。

その当時、「九州×地域活性」を自分の志にしようと決め、

今後の人生を掛けて取り組んでいこうと決めた時だった。

「嫌いだけど愛している」という思いから、

田舎・農業・親という嫌いでもあり、愛している世界を好きに変えようと考えていた。

地元長島に戻り約半年。

昼は農業をしながら、夜は農業を変える為の取り組みを試行錯誤していた。

サツマイモをネットで販売したり、新たな商品開発や販売を企業に相談したり・・・

当時24歳だった僕は、試行錯誤しながらもがき苦しんでいた。

お金も、ネットワークも、知識も、知恵も、能力も無い中もがいていた。

結婚を考えていた彼女に振られ、泣きながら牛に餌をあげていたのを今でも覚えている。

「農業をやりたいんじゃない!農業を変える事をやりたいだ!!」と、

親の跡継ぎとしての期待と、自分のやりたい事が噛み合わず、

何も力を持っていない僕は、今後の先行きが見えない不安や、力の無さに絶望していた。

何をどうしたら良いのか分からず、自分は間違った選択をしているのでは無いかと、

本当にあの当時は絶望していたような記憶がある。

そんな時いつも見ていたプロフェッショナルの流儀で、梅原さんが紹介された。

大号泣だった。

番組の中でも梅原さんが一次産業の事を語りながら泣いていたが、僕も大号泣だった。

「僕がやりたいと思っていた事をやっている人がいる!!」

自分の選択は間違っていたのでは無いか。何をどうしたら良いのか分からない。

と絶望的に過ごしていた僕にとって大きな衝撃だった。

番組が終わってすぐに梅原さんにメールを送っていた。

改めてメールを見返してみると、

番組に感動した事、自分がやっている事、もがき苦しんでいること、

「いつかお会いできる日が来るように頑張ります!」と書いてあった。

勿論、返事は無かったが。

それから梅原さんの事を、色々と調べている中で現在の会社を見つけた。

話を聞かせて下さいと訪ねたのをキッカケに、入社する事になった。

代表が梅原さんと接点があり師匠と仰いでいる人であり、会社のロゴを作って貰っていた。

入社してから、自分の思いを実現するために試行錯誤しながら、気づけば7年。

梅原さんの本や動画などは、仕事に悩んだ時に時折、読み返していた。

半リタイア中の梅原さんと仕事をする機会は無かったが、

代表にも梅原さんに憧れている事は話した事があり、今回打合せに同行させて頂いた。

月曜日に行くことが決まり、お会いする木曜日まで、ずっと寝不足。。。

当日も睡眠不足で、コンディション最悪な中、テレビで見た事のある事務所にお伺いした。

ご一緒した村長の熱い思いに答えるように、色んな話をして下さった。

地栗の事、海士町の事、十和ものさし、砂浜美術館などなど、丁寧に熱心に話してくださった。

砂浜美術館の初期の企画書なども見せて頂いた。

「妄想家だから、色々と話をされるとアイディアが湧き出てくるんや」と3時間近くお話して下さった。

今後考えているアイディアを楽しそうに熱く話して下さる姿が、すごく楽しそうだった。

打合せの後もオススメのお店を予約して下さっており、一緒に飲みに行った。

本や動画で感じていたままの方で嘘が無い人だと感じた。

頭で計算をするのでは無く、心で感じて心で動く人だと感じた。

お店の方や、僕たちにもずっと気を使って下さって、すごく優しい人だと感じた。

色んな裏話や、面白い話をして下さって、人を楽しませるのが大好きな人だと感じた。

「近所のソフトボールに参加したら65歳が最年少で、日本酒を買いに行かされた」という話を、

本当に嬉しそうに楽しそうに話しており、凄い方なのに、先生と呼ばれる人なのに、

「梅ちゃん」「梅さん」と話しかけて貰えるのが凄く好きな人なんだと感じた。

豪快に笑い、本気で腹の立つ事には怒り、ワクワクする事を本気で楽しむ人だった。

緊張していてか、全く話し掛けられなかったけど、沢山勉強させて頂いた。

何か分からないけど最後には泣いてしまい、あの当時のキッカケがあって良かったと思った。

あの時の決断があって良かった。

最後に握手をさせて頂き、梅原さんに恥ずかしくないように。

優しい人でありつつ、自分の信念を実現していける人で有りたいと思う。

そして、今回は同行させて頂いたが、また自分の力で会えるようになりたいと思う。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]