地域での取り組みに何を選択するべきか・・・アプローチ選択『宮路の100本ノック』という企画を会社で勝手にやってます。

いわゆるナレッジ化と呼ばれるやつだと思いますが、

仕事を通してだったり、本を読んでだったりした、

自分なりのノウハウ?を資料に落として、

次の仕事や、後輩が使えるようにしてます。

そんな中で、使用頻度が少ないものを、ブログにUPしていきます。

 

今回、ご紹介するのは、アプローチ手法『ポジティブ・アプローチ』

行政さんと仕事をする時に、どうしても『課題を改善しなければ!』

という事で、ネガティブアプローチと呼ばれる

課題解決を選択されるケースが多いな〜という事で対比してます。

もちろん行政さんなので、課題を改善する取り組みは大前提として必要ですが、

こと、地域づくりや町おこしなどでは、

地元の人や主たる人のやりたい事にフォーカスする事も時として必要だと思います。

やりたい人が、やりたい事を続け、どんどん発展させて行く。

時折、話題になる地域づくりの事例は、そんな事例が多い気がしています。

やりたい人が”明確にいる”のなら、応援しよう!みんなでやろう!

という仕組みを作りましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]