口の中に入れたらふわっと溶ける、熊の名前が付いたもの。  鹿児島市内 むじゃき

鹿児島には色々と名物がありますが、熊も実は名物になっているのです。
熊といいましても、白熊と呼ばれる、カキ氷です。

削った氷に練乳とフルーツなどを載せたものになっています。
今回は、その中でも鹿児島駅の中にあります、本家白熊のお店です。

天文館むじゃき
・鹿児島県鹿児島市千日町5-8
・099-222-6904
・[月~土] 11:00~21:30 [日・祝・7月・8月] 10:00~21:30
ランチ営業、日曜営業

複合施設内のお店なので、それほど雰囲気は出ていませんね。

$九州だんし
$九州だんし

白熊だけでもこんなに種類がありました。

$九州だんし

僕は代表的なアイス白熊を選びました!

$九州だんし

口の中で練乳と、ふわっふわの氷がすぐに無くなって、
普通のカキ氷とは全然違ったものになっていて、美味しいです!!

こちらのお店、天文館にある本店のほうには白熊の人形が置いてあったり、
どでかい!!!白熊が食べられたりと楽しそうです。

今回は、複合施設内の支店に行きましたので、ちょっと物足りなかったかもしれません。
載っているフルーツに少し安っぽさを感じてしまいましたので…
今度は、金時を挑戦してみたいと思います。
それでは~。

雑記
先日読んだ本に、本は一気に読むべきだ!と買いてありました。
理由としては、何日もかけて少しずつ読んでいると、始めのほうの印象がなくなって、
読み終わった頃に、全体がなんとなくぼんやりしていて、本が自分の中に入ってこない。
という事だったのですが。
う~ん。確かにそうかもしれないな~と僕は思ったのですが、皆さんはどうでしょうか。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]